スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソン・スンホン 無敵者インタビュー (ライトブルーシャツ編)



きょうはたくさんのインタビュー記事と画像がアップされていて、
それぞれに衣装が違うので、ファッション別にアップしようと思いますが、
今晩中にはちょっと無理そうなので、少しずついきますね!

まずはニュースエンより


三十五歳 ソン・スンホン “結婚?一番重要な夢と同時に目標だ”(インタビュー①)

俳優ソン・スンホンは人生という絵画の中で大きく描き始めようと思っている.

‘秋の童話’ の中 甘い王子様でアジア全体で愛された彼は映画 ‘無敵者’を通じて俳優としてのまた他の跳躍を夢見ていた.去る 2008年ドラマ ‘エデンの東’で MBC 演技大賞を受賞した彼だったが演技に対する喉の渇きはむかしのままだった.

ソン・スンホンは 9月 6日午後ソウル三清洞カフェーで記者たちと会って “このごろいろんな考えをたくさんします”とくちを切った.

彼は “映画 ‘無敵者’を通じて一回で完全に変わったという評価を聞くことはできないがそれにもかかわらず ‘ソン・スンホンが今、俳優としての可能性が見える’という話は聞きたい”と明らかにした.


そしてこの日ソン・スンホンは演技以外の望みも伝えた.一人の男として,また息子として,誰かの友達としての夢を話した.演技に対する喉の渇きが育ったように彼は俳優以外にもいっそうもっと深い考えと夢を抱いていた.

“一番素朴で一番重要に思う夢は家庭を持つ事です.私のワイフ,私の家族,私の子供達を持つこと.両親を見たり、兄さんお姉さんたちが結婚をして生きて行く姿を見れば ‘私もあのように幸せな家庭を持って暮すことができるか’という考えをして見たりします.”


“ところで周辺に結婚して暮す友達,先輩たちが ‘結婚,すれば良いが...’と言いながら必ず ‘ところが’付くんですよ.(笑) それでもどうせしても後悔,しなくても後悔することならして後悔したいです.結婚は現実だがまだ幻想が残っているんですよ.私の一番重要な夢と同時に目標です.”

三十五歳.決して少なくない年のせいだろう?彼は演技以外の活動もして見たいと明らかにした.

“年を取ったからでしょうか、男として人間として俳優として考えが多くなります.幼い頃お父さんの誕生日の時ふっと ‘ホテルを持っていたら毎日ホテルバイキングの食べ物を食べることができるね’という考えをして見たが,このごろ外食事業にも関心が生じました.好きな人々を呼んで私の食堂で一緒にパーティーをするそんな子供みたいな考えをします.”

しかしソン・スンホンは今すぐは結婚計画はないと言った.言葉どおりまだ夢であるだけということだ。

一方ソン・スンホンの再跳躍が盛られた映画 ‘無敵者’は ‘パイラン’ ソン・ヘソン監督が演出を引き受けた.ジョン・ウー監督の ‘男たちの挽歌’をリメークした作品で早く話題になった.


敵として対立した兄弟と義理で一つになった友達,行き違った運命でぶつかった男たちの話を盛り込んだ感動アクションブロックバスターだ.ソン・スンホンの他にもチュ・ジンモ、キム・ガンウ、チョ・ハンソンが出演する.封切りは 9月 16日.




ソン・スンホン “私の代表作?‘男3人女3人’” 躊躇ない選択,理由は?(インタビュー②)

俳優ソン・スンホン(35)に代表作を選んでくれと頼んだら意外な返事が返って来た.

ソン・スンホンは ‘秋の童話’でアジア全域の王子様になった.また ‘エデンの東’で延演技大賞を受賞した.そして映画 ‘無敵者’では演技人生においてまた他の変化を控えている.代表作がこの三つの作品中の一つだと予想したが外れた.

ソン・スンホンはシツエイション・コメディー ‘男3人女3人’を彼の代表作として選ぶのにためらわなかった。

“一番大事に思う作品は意外にシツエイション・コメディーです.多くの方々が ‘秋の童話’や ‘エデンの東’ ‘あなたそして私’ のような多くの愛を受けた作品を思うはずけれども.今もケーブルで放送になっていましたが私がすべて恥ずかしい位に ‘あんなにできなかったのか’ と思います.しかしそんな生半可さとぎこちなさが感じられる始まりがあったから ‘秋の童話’もするようになったし ‘あなたそして私’も,今の ‘無敵者’もできるソン・スンホンになることができたのです.とても不足だったが出発点だから私には一番重要な作品です. ”

ソン・スンホンは 1995年衣類ブランドストームのモデルで芸能界にデビュー,1996年 ‘男3人女3人’ シツエイション・コメディーで演技者の仲間入りをした。

“ある友達は幼い頃から演技者を夢見て来たが、(私は)実は前にバイトしてしたカタログ撮影以後急にカメラの前で演技しなさいという声を聞きました.準備ができていない状態で始めました.しかしそんな考えを思い直したきっかけがファンからもらった手紙一通です.‘あなたのドラマ,映画で感動を受けたし,韓国という国が分かるようになって愛するようになった’と言う文章で ‘私がそのまま私の満足だけで演技をしてはいけない’のではないか.責任感を持つと同時に選択においても愼重になったし、胸がいっぱいになりました.誰かの胸を打つことができる私の職業が素晴らしいと今更ながら感じるようになった瞬間です.あの時から演技者という職業に対してまた考えるようになりました.”

そしてもうデビュー 15年次になったソン・スンホンは新しい挑戦をはかっている.ジョン・ウー監督の ‘男たちの挽歌’をリメークした映画 ‘無敵者’ の封切りを控えていることだ.

“ソン・スンホンと言えば柔らかいイメージが強いのに俳優としてそんなイメージを変えて見たい欲心です.それで三十歳を過ぎてが軍除隊をしながら ‘宿命’‘エデンの東’‘無敵者’まで地下世界にある暗い役目,男の匂いがする役目をぞくぞくするようになったんです.ファンはとても嫌やがりますね.しかし結果的に試みをしたし ‘無敵者’はどの作品より通快で浮かれました.”

甘いソン・スンホンの荒い男への変身が盛られる映画 ‘無敵者’は敵に対立した兄弟と義理で一つになった友達,行き違った運命でぶつかった男たちの話を盛り込んだ.ソン・スンホンの外にもチュ・ジンモ、キム・ガンウ、チョ・ハンソンが出演する.封切りは 9月 16日.

ソン・スンホン "演技派-ビジュアル派俳優二分法嫌いだ"(インタビュー)(OSEN)


ニューシーズからの画像をご覧ください







>





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。