スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソン・ヘソン監督の新作ラインナップ(movieweek)



1月4日にmovieweekにアップされた
「ソン・ヘソン監督の新作ラインナップ」という映画「無敵者」の記事です。

男たちの世界?・・・豪華キャスティング満喫せよ!

ソン・へソン監督のノワール


<無敵者>はソン・ヘソン監督が<私たちの幸せな時間>以後4年ぶりに公開する新作だ。
それほど心血を注ぎ、真心を込めている作品だ。
よく知られているように、この映画は香港ノアール<男たちの挽歌>(1986)のリメイクだ。
しかし、原作を敢えて脱しようとする試みをするという点で興味深い。

キャラクターの設定は<男たちの挽歌>と似ているが、彼らが抱えている感情や人物たちが結んでいる関係は別の角度から接近している。
ソン・ヘソン監督は<無敵者>は北朝鮮から脱出した兄弟の愛と憎しみと、彼らを取り巻く人々の友情と義理を‘深く’描く予定だと言い、タイトルの<無敵者>は文字通り「争うに値する人がいない者」であると同時に「無国籍者を意味する」と説明する。

脱北者を登場させたからには分断国家韓国が抱えている21世紀の現実を痛烈に描く予定だ。
ソン・ヘソン監督はまた「これまでの韓国の超大作映画がスケールを大きくするのに力を注いだと言うならば、今回の作品はどっしりしたドラマの感動を伝えること」と豊富を語った。
線の太いキャラクターたちがいっぱいの男たちの世界は、感動のパノラマを繰り広げるものと期待されている。

豪華キャストを満喫せよ


「どのくらい濃い韓国的なドラマを生み出すかに重点を置く」ソン・ヘソン監督は<男たちの挽歌>のキャラクターを模して韓国的なキャラクターに再創造した。そして「4人の俳優の組み合わせがカギになる」と言うほどキャスティングに全力を傾けた。

組織で働いて後輩の裏切りで監獄暮らしをした後、組織暴力団生活を清算し
弟の許しを望むティ・ロン(兄)はチュ・ジンモ(キム・ヒョク)が。
兄を許すことができずに周辺でぐるぐる巡るレスリー・チャン(弟)はキム・ガンウ(キム・チョル)が演じる。
また、ティ・ロンの背信者を排除しようとしたが足にケガをするチョウ・ユンファ(暴力団)はソン・スンホン(ヨンチュン)が。
ティ・ロンたちを裏切って組織の実権を掌握しようとするレイ・チーホン(背信者)はチョ・ハンソンが演じる。



「4人の俳優の組み合わせがカギ」とキャスティングに全力を注いだと
おっしゃるソン・ヘソン監督のお話がうれしくて、
どんな作品になるのか・・・感動のパノラマが待ち遠しいです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。