FC2ブログ

FOUR CARDS(2) 




いよいよ朗読劇です。
ホ・ジノ監督が撮られたソウル駅の映像が流れ・・・
そのラストシーンと、ステージ上が重なり・・・
チャン・ドンゴン氏だけが残り、朗読がはじまりました。
どのお話も感動的だったのですが、うまく表現できなくて・・・
すみません。だいたいの筋だけちょっとご紹介します。

チャン・ドンゴン編
2度目の不渡りを出し、会社が事実上倒産、明日朝には全てが明るみに出る。
保険金のため絶対に自殺とバレないようにと、死を決意してソウル駅で電車を待っている・・・
そこへ娘からの電話がかかってきて、取ろうかとるまいか・・・
娘との会話で、妻が全て知っていたこと。
海外旅行と言って、実は再出発のため小さな部屋探しをしていたことを知る。

ウォンビン編
本物のヤクザになるために鉄砲玉を命じられソウル駅へ行く・・・
孤児院で兄弟のように育ったヒョンの影響で足を踏み入れた世界。
しかし、バッグの中の拳銃が消えていた・・・
自分の代わりにヒョンが鉄砲玉をすること知る。

ソン・スンホン編
ソウル駅へ車で女に送ってもらいやってきた。
女には結婚式場の予約をして墓参りに行ってくると言ってきた。
女はカードを差し出す。
1005 俺の誕生日を暗証番号にしている女。

俺は俳優だ。(売れない俳優で死体役や通行人役など)
女とはオーディションで知り合った。
もうすぐ俺は7人(?)と結婚する事になっている。
結婚しようと言ったことはない。いつのまにかこうなった。

ソウル駅で電車を待っていると、女の友達に会った。
女が自分を訴えている女に会ったことを知り、自分のことを全て知っているのだと。
話しているうちに、女が妊娠4ヶ月ということがわかり・・・
自分が去ると知りながら、ひとりで子供を育てようとしていたことを思い震える。

そして・・・あした本当に結婚式場を申し込みに行こう・・・


イ・ビョンホン編
映画のクランクイン・・・もうすぐ視力を失うと宣告されソウル駅へ現れた映画監督。
父に反対され映画監督になったが、成功した今も父は頑なだ。
そんな父からソウル駅にいる息子へ突然の電話が・・・
医者である父が息子の病気を知って電話してきたのだ。
心配し、視力を失っても、今の仕事を続けろと励ます父。


そしてみんなもとの場所へ戻っていく・・・
誰もいなくなったホームに 2時間遅れで電車が到着する・・・


すみません。
やっぱり、話がめちゃくちゃだわ~~
特にホニのがうまく表現できず。。。
どなたか~ヘルプ






再び登場~
シャンパンで乾杯です
ぐいっと飲むホニ~は喉が渇いていたのかな?
でも、顔が赤くなっちゃうよ~~~と心配になりました


















































スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR