FC2ブログ

エデンの東 韓国版 第5話⑤

ではつづきをいきます
チェン「簡単に言うとマカオで政治資金を取ってこいということか」
カン・ギマン「香港では見つかる。まず最初にマカオ、その次はスイス。
      表向きは商品の輸出だが、実際は対北政策かと。
      情報部長に会う前にサインが必要だと仁川の大統領が言うから       あんたに言って欲しいんだ。」
チェン「情報戦なんかせず、俺は休みたいのに・・・頭の痛いことだ」

ワンゴンとドンチョルがアジトに戻ってくると、店はぐちゃぐちゃに荒らされ、仲間達は倒れていた。
その時、ドクサから「弟のドンウクを捕まえたから第3埠頭にひとりで来い」という電話がかかってくる。
「兄さん 僕は大丈夫だから馬鹿な話をきかないで」というドンウク

チェンがシン・テファンに会いに行ったホテルの前。
ドンチョルは第3埠頭にバイクで向かい、
ワンゴンと仲間達は、出てきたシン・テファンの車を追う。

埠頭でひとりで待つドンチョル。ドクサたちもドンウクを連れてやってくる。
ドクサ「弟を殺そうか、それともおまえが死にたいか?」
ドンウク「兄さん 僕は大丈夫だ、気にしないで」
ドンチョル「殺してやる、弟を傷つけたら殺してやる!」
ドクサ「弟を助けたければ手を上げて跪け、この野郎!」

運命に逆らって
そこへシン・テファンを捕らえたワンゴンたちが駆けつける。
ドンチョル「ドクサ、シン・テファンを生かしておきたいなら弟を先に放せ!」
ギョンテがドクサに放すように言う。
ドンチョルに駆け寄るドンウク「にいさん!」
「すまない、ドンウク。ドンウク、すまない・・・」
「(ワンゴンに)兄貴頼みがある。弟を連れて先に逃げて、早く」
ワンゴンはドンウクを車に乗せ、先に逃がす。(ワンゴンはこの場に残る)

そこへ警察が来て全員捕まる。
ワンゴン「弟の誘拐を隠すために警察を呼びやがって
     少年院でおまえを狙ったのものはテソン建設の社長なのか?一体殺したい理由は何だ?」

看守「イ・ドンチョル 出ろ!」

チェンが目隠しと腕の紐をほどく。
どうなっているのかと聞くドンチョルに、「沖合いに出たら次の船に乗ってマカオへ行く。おまが生き残れるただひとつの道だ。」というチェンにドンチョルは、自分は長男だから家族を捨てては行けない。死んでもいいから、ここで一緒に死ぬ。と言う。
チェン「捨てるのではなく失ったものを探すと思え」
ドン「だめだ行けない。家族を手放す事はできない。死んでも一緒にいなきゃ行けない。引き返してください。船を止めてくれ!」
チェン「バカかおまえは!」
ドン「俺は死んでも帰る。船を止めて!早く止めろよ!俺は行かない!」と言って海に飛び込むドンチョル。それを助けようとチェンも飛び込む。

チュ「馬鹿な子だよ。ドンチョルのバカが弟を殺しかけたんだ。親不孝な馬鹿息子が、放火をして少年院を脱走して、ヤクザの仲間になって、将来を棒に振って、弟を怖い目に遭わせて。生きて帰っても私の息子じゃない」
ドン「(うわごとで)母さん・・・」
チュ「あの馬鹿はおまえの兄さんじゃない。これからは他人のふりをしろ、おまえには相応しくないからこれからは知らんふりしろ。私も息子はおまえ一人と思って生きていく」
ドン「母さん 母さん 兄さんは?兄さんは?」
チュ「あの子はどうしてあそこまで堕ちたの?」
チョン「奥さま」
キスン「おばさん」
チュ「あんたたちも憶えておいて。これから私の息子はドンウク一人だよ。ドンチョルが戻っても絶対認めない。あの子が好きで死んでもドンウクまで死なせたくはない。ちゃんと憶えて生きるんだ。わかったかい?」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR