スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・デウ監督のフォトダイアリー

moviediary1.jpg

moviediary2.jpg
クランクインをする前に直接題目を書いてみながら気を引き締めた
常に私の人生の話題だった「愛」を「人間中毒」を通して思う存分描いてみたかった
moviediary3.jpg
ソン・スンホンの彫刻のような外貌に一番はじめに好感を持ったが、何よりも演技に飢えているのを感じた。
今は「キム・ジンピョン」役にソン・スンホン以外は決して考えられない。
moviediary4.jpg
新鋭イム・ジヨンは初めて会うなりやはり「この人がガフンだなぁ」という気がした。
先輩であるソン・スンホンの前でも決して気後れすることなく、目を合わせる姿が「チョン・ガフン」そのものだった
moviediary5.jpg
お互いの心を確認した初めての瞬間は必ずやのどかな夏の日だったらと思った
二人の愛が観客たちにも夏の日のピクニックみたいな美しい思い出のように近づいたらと思った
moviediary6.jpg
しかし実際私たち映画はずっと冬に撮影した
おかげで美術チームでいちいち木の葉を新たに付けて花を植える苦労を経験しなければならなかった
moviediary7.jpg
「房子伝」を通じて知ったチョ・ヨジョンは自信感と気ばたらきにあふれる魅力的な性格の持ち主だ
彼女のこのような姿を今回「人間中毒」イ・スッチンの中にそのまま収めたかった
moviediary8.jpg
オン・ジュワンに初めて会った時、私が想像した「ウジン」の姿そのままなので凄く驚いた
子供っぽい顔の中の強烈な目の輝きを決して忘れることができない
moviediary9.jpg
ソン・スンホンはスターなのに決して壁を作ったりせず気安く率先して人々のめんどうを見た。
オン・ジュワンも同様にスキンシップが強くエネルギーにあふれ、いつもムードメーカーを引き受けた
moviediary10.jpg
「人間中毒」でなくてはならない、欠かすことができないユ・ヘジン
彼は役にあまりにも沒入したあげく休憩時間にもずっとダンスをするおかげで撮影は始終笑いが絶えなかった
moviediary11.jpg
イム・ジヨン 彼女だったから「チョン・ガフン」を初めて完成することができたと自負する
彼女へは「大胆だ」という話も不足だ
これから本当にすごい女優になるだろう
moviediary12.jpg
(画像)あなたに会わなければ息ができない
    ほんとうに 息ができませんか?
    私だけ そうだと思いました

    
愛の究極というのは、その人がいなければ呼吸することができないこと。生きて行くことができないこと。
このすべての意味の含蓄的表現が「人間中毒」でありこの映画の始まりだった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。