FC2ブログ

『男が愛する時』 第18話


敵対的に背を向けた理由が女性問題ではないですか!

テサンはジェヒにチャンヒの手紙を伝えようと思うがジェヒはチァンヒから直接聞くと断る.
太上の頼みでミドはジェヒを説得する.
一方ジェヒの提案でロイジャンはゴールデンツリーを訪れる.
ロイはテサンとともに韓国のおいしい店と観光地などを見て回り…


スポンサーサイト



<男が詩を読んだ時>テサンーミド、別れの傷を慰めた「睫毛」本



<男が詩を読んだ時>テサンーミド、別れの傷を慰めた「睫毛」本

誰が別れの前に淡々とできるだろうか?
29日に放送されたMBC水木ミニシリーズ<男が愛する時"では、これまで以上に淡々と別れを告げるテサンとミドの姿が描かれた。
テサンが"不思議な熱風に心が少しぼうっとしたようだ"という無味乾燥な言葉で、過去数ヶ月間の熱く熱情的な愛に結末をつけ、ミドは努めてさりげない表情をしたが、胸に一筋の鋭い痛みを感じる。
背を向けて出てくるミドの目には涙が流れる。
家に帰ってきて書店の掃除をしている間ミドはミジュンが持って来た黒板の中のフレーズに目が留まる。


深く愛した人は愛によって傷つかなくて


このフレーズは、チョン・ギョンリンの長編小説 <草の上の食事>の中の一節で、愛の傷のために愛を拒否していた主人公ヌギョンが傷に対面し、克服する過程で愛を回復するという内容をチョン・ギョンリン特有の繊細な視線と魅力的な文体で描いた作品である。


ミドはこの句節が書かれた黒板を長い間目に収める.
テサンとの愛はもう終わったが, 深く愛したら痛くなくなければならなくて, もし心が痛ければそれはそれより私が不十分に愛したからであり, 自分より自分をもっと愛したその人だけは痛くないように願う心で.


テサンもミドとの別れの後、簡単に抜け出すことができない。
一人残された広い家に空虚さを感じていたテサンはミドが泊まっていた部屋のドアをを開く。
空っぽの部屋にミドの痕跡はどこにもないのに。
その時ミドが使っていたベッドの下に突然顔を出した一冊の本。
テサンはミドにメールを送る。"本を一冊置いて行ってたよ。必要だったら送ってあげるよ。" ミドは大丈夫だと言うが、テサンは覚えていた。それは"まつげの本"という事実を。彼らが熱く愛していた時代ミドはテサンの長いまつげを賞賛し、この本の一節をテサンに読んでくれた。



"なぜそんなに悲しい目で私を見ましたか?
目を閉じてあなたの目の瞳が
私の目の中に水溜りのように搖れ
あなたのまつげが私のまつげを覆います
弱いまつげの下で露のように震えるが執拗な視線。 "




"私があなたを見ているのか、あなたが私を見ているのか、知ることができません.
このように見ていても、まだ見ていたいです "




“たまたまどのようにすることもできないこのようなことを作ってしまったのか
私の心を生の最後まで持って行かなければなりませんか? "



美しいあの頃の思い出が今は他人になってしまった二人の間に静かに流れた。さまざまな場所でお互いの記憶の中の共有された本を読んだときに、その眩しかった過去の日々は再びかすかな愛の記憶に浮かんで別れの痛みを慰めあっていた。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR