FC2ブログ

黒板の文句は何を意味するのか?

黒板の文句についての解説記事があったので紹介します。

黒板の中の文句は何を意味するのか?(ニュースエンより)


黒板の中の文言が意味を持っている。MBC水木の文句が主人公たちの行動の指標となっている。"男が愛する時"の定番で出てくるの場所は、ソ・ミド(シン·セギョン役)の父が運営する'ソさんのクルパン(寺子屋)」である。ソ・ミドの父は、いつもクルバンの前にのある黒板にに良いの本の詩を書き留めて置いた。この句は時々変わり、主人公の状態を示唆した。



"リンゴが腐ったのは、リンゴのせいではない"

詩人イ·ソンボクのアフォリズム(格言)"君に行く長い道のり"に出てくる文章として7年前ハン・テサンがソ・ミドの父にお金を受け取るためにクルバンを訪ねたときに書かれていた文句であった。
ハン・テサンは17歳の時に母親が弟と一緒に逃げて中東にいた父親はショックで亡くなり1人残された。
その後ハン・テサンは、莫大な借金の上に乗り上げて貸付会社の中でにチンピラとして暮らしていた。
リンゴが腐ったのは、リンゴのせいではなく、かつて襲った台風のためだったように、この詩は、チンピラとして生きるしかなかったハン・テサンに対する弁明と慰労であった。
以来、ハン・テサンは、、自分の仕事に懐疑感を持つようにになった。

'私にやって来た新しい力を"愛"と名付けた'

小説家キム·フンの紀行エッセイ集"風景と傷"の句である。この詩は、ハン・テサンがクルバンの娘ソ・ミドを知って愛に陥ったときクルバンの前に書かれていた。
自分がしていたことに懐疑感を感じたハン・テサンはソ・ミドの"なぜそのように生きるのか"という言葉で、チンピラの仕事を辞めて、新しい人生を生きるために努力した。
その後ハン・テサンはソ・ミドへの純愛的な愛を見せて国内最高の第2金融圏ゴールデンツリーの社長になった。

“あなたのために私が歌ってあげる歌があるから、まだ家に帰る時ではない"
グアム旅行中再会したイ・ジェヒ(ヨン・ウジン役)とソ・ミドはお互いに好感を育てた。しかし、ハン・テサンのために心を引っ込めたソ・ミドは最終日イ・ジェヒとの約束に現れることなく帰国した。
イジェヒは、惜しみながらソ・ミドへ"'君のために私が歌ってあげる歌があるから、まだ家に帰るの時ではない'という文句が本屋の黒板にあったらあなたをに会いにいく」と言った。
帰国したイ・ジェヒはハン・テサンが書いた文句をソ・ミドが書いたと考え、ソ・ミドと再会した。この句節は 詩人アン・ドヒョンの詩の‘私に歌う歌'の導入部分として、まだ来ていない誰かをあきらめずに待っている内容を込めている。
グアムでの思い出を良い思い出として大切にしまって終わりにしようというソ・ミドの言葉にもずっとソ・ミドを助けて縁を作っていこうというイジェヒの心と触れ合っている。この句節は詩人アン・ドヒョンの詩中の文句に集められた主人公の心理と歩みを知ることができる。今後も黒板の中にどんな文句があるのか関心が集められる。


なるほど~~!
文字を見ただけではちんぷんかんぷんだったのですが、ちょっとスッキリしました。
これからも、あの黒板に書かれた意味に注目ですね!
スポンサーサイト



天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

SHらうーる

Author:SHらうーる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR